女子大生の脳内垂れ流しブログ

海は遠いのか

感情の大トロ

2/26

だれかからそんなのやめときなよと言われる恋愛をしていたり、マッチングアプリで異性を釣りまくっていたり、恋人がいるのにほかの異性とあそんだり、異性に振り回されて精神を病ませていたり、逆に振り回していたり、周りの人に気を遣ってたくさんのことを考えて行動したり、自分自身の嫌いなところばかり目に行ってしまったり、どんなやましい妄想をしたり、やらなきゃいけないことをやれなかったり、

自分はどんなに無様だと思っていても、わたしはそういう人間が好きです。と、さっきふと思ったので全肯定しておきます。全いきものへ。

花々がそこら中で。

今年は去年より暖かいので早く桜が咲き始めるそうだ。もし、去年が今年だったら、もっとはやくさよならしてたかな。それとも、もっと上手くやれてたかな。

家で通話したことが無かった。同居人が居たから。もう別れているのだから、その人に気を遣わなくてもいいじゃん と思うが、LINEのアイコンにしていた、その同居人が撮った彼の写真からは、別れてるはずなのに、わたしには踏み込めない、仲の良さが垣間見えた。わたしは、勝てなかったのだ。

あなたはいまどこに引っ越したのかな、どこに就職するのかな、大学卒業できるのかな。またいつか逢えたら、あの時のこと謝らせてね。

春休みその6

2/23

最近どんよりと考えているのは終着点のない話。明るい着地の仕方をすればいい方向へ動きそうな気もするが、多分無理でしょう。ずっと、自分の今のことと将来のことをひたすらに暗く見据えている。対人じゃなく自らにしか意識がいかないということを初めて経験したし、しかも慣れた。

惚気ツイートも読んだ上で交わせるようになった。わたしはそろそろ"ちゃんとした恋愛"がしたい。男にもう振り回されたり惑わされたりしないようになっただろうか。ここまで自分のことだけを考えて、それでもなお相手に合わせて生きてしまうのだろうか。

昨日の記事にて、あなたはあなたのまま生きて とかいたけど、それは、ふたりで生きていくには、実際とても難しいことだ。どうしても相手のことを考えて自分に足枷をして言動を制限してしまうだろう。当たり前だけど、ひとりでいることより、ふたりを選んでいるのだから、ある程度の不自由は仕方ない。お互いにある程度我慢する必要や折り合いをつける必要がある。それでも相手の譲れないところと自分の譲れないところを戦わせていくべきだ。ただ、理解の幅を超える考え方以外は、引き分けというか、受け入れる着地点にもっていける様に。

 

2/24

1年間CDをiTunesに入れる方法が分からなかったけど、今日ようやく解決した。これでCD買いまくれる。ミニモニのCDとミドリのファースト を買いに行こう。

 

2/25

羊文学良いなあ。マッチングアプリで「羊文学オススメですよ」って言ってきたひと誰だっけ。めちゃくちゃ良いね。と伝えたい。音楽はやくやりたくなった。ギターと向き合う時間が欲しいのに今日も自動車学校とバイトだよ。家に籠る日を下さい。

今日の通り雨みたいな

わたしは生きてるだけで他人に勝手に勇気を与えていることがしばしある。らしい。大体精神を病ませているときにそういうことは起こる。つらい時は永遠につらいけど、そういうモードがデフォだし病みモードがちょっと好きなのかもしれない。最近は誰かに振り回されてる自分が恋しかったりもする。そうやって生きてうまれた態度や言葉がわたし自身好きだし、それが人に勇気を与えていることも好きだな。それを仕事にするとしたらやっぱりアーティストしかなくないすかね。表現者、なりたい。

 

そして今日、もう、「ふたり」 に固執しなくて良いかなと思った。他の人に判断されてどういうところが無理なんて言われたらたまったもんじゃないっすよほんと、他人の好みに合わせて生きてないでしょ。みんなの話聞いてると、あなたはあなたのまま生きて と言いたくなってしまう。常に戦闘モードで居るということはつまり、わたしも他人に対して判断を下しちゃってるってことだよなーと気づいた。こうやって考えてみると、人からどう思われるかとか気にせず自分の好きなように過ごせないのであれば恋人とか要らんしわざわざ探しに行くのはただの一瞬の娯楽のため、それは果たしてほんとにわたしが望んだ恋愛の形なのかなあ?

「ふたりでいたい」とか縛られて生きるのやめませんか。世の中とわたしよ。ひとはひとりだよ。みんな、すきに生きませんか。でも、わたし個人はいろいろ思うことはあるけど、わたしはあなたが選んだ道を認める。絶対に否定しない。

 

いろんなひとから、大人になったね、落ち着いたね、客観的になったねと言われる。最近ひとりで知らぬ間にめちゃくちゃ考えているもんな。考える行為は好きだ。そして形に残すのは楽しい。なんかという言葉を知らぬ間に発してしまうことはよくあると思うのだけど、「なんか」のその中身が知りたい。「なんか」なんかで済ませたらダメだ。というより、「なんか」にこそ大事なことが詰まっているのだと思う。だから「なんか」の内容を言葉にするようにしている。

 

自分の思考や生まれてくる言葉、顔もセンスも、好きだな。自己肯定はできていることに最近気づいた。わたしはいままで何とかしてきたし、これから何とかするのも薄々わかっている。ただ、何をどうやって何とかするか決められないから、死にたいという思考に至る。でも死にたくはないな。わたしはまだ死にたくない。多分、将来何とかしてる。わたしが見える。死にたい死にたいと言ってなんとか生きていくはず。と書いたら死にたくなってきたけど。

 

今日は、トータルで明るい日だったな。風が強くて、知らないところに通り雨が来て去っていった日。

春休みその5

2/17

喉の調子が一向によくならない。煙草か?やめてみるか。。連日の疲れにより何も食べずに夕方まで寝る。水商売や愛人で食い繋いでた女の保険金殺人の記事を読み漁る。綺麗すぎると人生狂うよね、と言って自分を落ち着かせる。ペアーズ、Tinderより難しくないか?LINE移行しても返信こないとか多々あるけど何?おまえらのゴールはどこなの?あと30代以降の男が20歳のわたしにイイネしてくるけど、おまえら理想と現実かけ離れてないか?おまえらがしてるのは婚活だろ?なんでハタチの女にいいねとかしちゃってんの、現実みろよ、ハタチが三十路と付き合うわけねえだろ…

 

2/18

人生幸せになるために努力するってどういうことなんだろうね、なんでなん?不幸になるために生きてるわけじゃないと思うんだけど、普通に生きてても幸せにはなれない。とりあえず恋愛を除いて、友達はじめ人間関係・仕事・趣味・環境など、工夫すれば幸せになれるけど、恋愛って何?何をどうすれば幸せになれるの?ほんとうにわけがわからなすぎて破滅して欲しい。

 

2/19

そのうちわたしの周りから誰も居なくなるんじゃないかな みんなみんな居なくなる、わたしだけ同じところに留まっている。

去年の春休みの想い出はとても辛いものだったけど、それが今では羨ましいとすら思う。今のわたしにはなんもないから。いま、ミドリの音楽で精神を鬱に浸す。そこには恋愛で抉られたわたしは居ない。精神が傷ついている状態を望むなんて生きる自傷行為にしか過ぎないよな。なんもなくても良いと言い切りたい。

 

2/20

音楽をやりたいのに動けないという現状をバイト先の音大出身の人に相談した。そしたらその人も同じ状況に陥ったことがあるらしくて、めっちゃわかる〜と言ってもらった。。やっぱり動くのは難しいのな。でもやりたいよー音楽。やる気を引き出してもらったので超感謝。

とりあえずベースを弾きまくった。tricotの新曲をコピーした。tricotのベースボーカルできるようになったらだいぶ大したもんだよなぁと思う。練習練習!

 

2/21

生理 ロング 金曜 死亡。あからさまに体調が悪い様子しか見せられない。コロナのせいで夜あんま混まなかったけど閉店1時間前になって混んだ、やめとけよそういうの

 

春休みその4

2/6,7と8,9

のことは独立して書いたので無し。

 

2/10

一日家にこもることをやめる。昼飯を外に食べに行く。いつもは周りに店なんかないからいつも家にある何かで済ましてしまう。ササッと料理が出来る風の言い方をしたけれど、つくるものはラーメン茹でるくらいだ。元カノのもとから引っ越せず、別れているのに三軒茶屋に住んでる人を好きだったとき、家の周りのいろんなお店でお昼を食べててほんとに羨ましくなっていたことを思い出した。いよいよその恋愛をしていたときと同じ季節がまわってきて、あの時と同じ空気だとか、煙草の匂いとか、辛かったこととか、1年経って思い出す。

春休みに入ってやりたかったこと、全然やってない。やらなすぎて自己嫌悪。やりたいことすら面倒くさくなってしまう、周りのみんなは何かしらしているのに。わたしはやり始めることすらしてないからダメなんだよ。糞が。今日はやりたいことをやるために1歩踏み出したのでとりあえず偉い。

 

2/11

バイトめっちゃ疲れた。金つかった。稼いでも金がないのは何故。志村くんとけっこんしたい。

 

2/12

やらなきゃいけないこともやりたいこともやりたくないクズ人間、ちょっとだけやりたいことをやる方向に動いてみました。毎日アコギ触る、ぞ、、、、、、、。ペアーズ難しい。

 

2/13

昼牛カツ食べた、初体験だったし美味かった。。誕生日プレゼントとして奢って頂いた、ちょっと高めのランチなのにありがとうございます…そのまま昼からサクッと飲んだ、昼間から酒を浴びるのめちゃくちゃ良い。酒飲みになってきた自覚がうまれる。酒が入ったまんま働きに行く。いつも通り働く。虫が出て騒いでたらお客さん居るんだから静かにしろと怒られる。""女なのに虫に立ち向かったことを褒めて欲しい!!!!""上がったあとも飲み、家に帰ってからも飲む。一生の友達と電話してて「恋愛がなくても普通に生活できてることに成長を感じる」と言ってくれた。確かにな。わたしもそれめっちゃ思うわ。。

 

2/14

念願のシーシャに行く。一年前好きだったひとに年確ゆるゆるのシーシャに連れてかれた時、酔っ払ってたのでほぼ覚えてないのだけど、今日多分同じ味を吸ったっぽくて、帰りの電車でめちゃくちゃ気持ち悪くなった。やっぱ香りは覚えているのね…

 

2/15

King Gnuの常田さんは至急わたしと結婚してください。

 

2/16

深夜までテレビをみていたせいで寝不足のままバイトに行く。身体がうごかない。バイト先にまた友達呼んで温泉旅行の予定立てた、今すぐにでも温泉入りたい、身体がつかれている。1,000円で飲み食いする。破格すぎ。日々あったことをつらつら書くより靖子さんの文章みたいな成立してるのかしてないのかわからない自分語の文章を書きたいのになとおもう。「卒〜みたいな」自分をしたいのになかなか、真似で終わってしまうよなあ。真似をやめたい。

ん〜モヤモヤすることが多いな。

 

ああ、まじで、この命、何処へ往くのか

2020年2月8日、20歳の誕生日を迎えました。

誕生日を迎えるにあたって、わたしの人生に携わって下さっているみなさまから、プレゼントやメッセージを沢山頂きました。メッセージの多くは、「『自分』という芯を持っていてカッコイイ」「強い人間で尊敬している」という内容でした。とても嬉しい言葉たち。でも、反面、実はそんなこと無いんだよ…という気持ちで、申し訳なさで、いっぱいなのです。

だって、わたしは、「わたしの芯」は、わたしの好きなモノや好きな人に影響を受けて塗り固められた、オリジナリティなんてどこにもない、他力による芯なんだ。わたしは、アンダーグラウンドにあるモノが大好きで、それに影響を受けてきた。そしてそれを真似して育ってきた。わたしの好きなモノはみんなの目にはあまり触れないから、みんなには、"それらが好きなわたし自身"が珍しく映るだけなんだよ。そして、珍しいから、それを「芯がある」と錯覚してしまっているんだよ。

わたしの芯は、全部全部好きなモノの真似なんだ。だから、わたしはわたしが生み出したんじゃないんだよ。みんなが思うわたしが20年で創りあげた芯なんて、虚像。

あと、「強い人間」だなんて思われてるけど、プレゼントの高いコスメで、顔面と外装だけが強くなっていくだけなんだ。もちろん高いコスメで自分の気持ちを強く保つのは大切。中身はすっからかんで、まったく伴ってない。周りのみんなからわたしという人間が「強く見え」ているのは、自分では自分を護れないから、好きな人の音楽や言葉で虚勢をはっているからなんだよ。弱いよね。

 

今まで20年わたしを創ってきてくれた、音楽や、人やモノには感謝している。これからももちろんお世話になるつもりだ。

でも、"わたしの好きなモノ"を"わたし"に塗り替えすり替えるのは違うんじゃないか?

じゃあわたしってなんなんだ?まだなんもない。まっさらじゃないか。

人は、少しは好きなモノに影響や刺激を受けて、それを生活に取り込んで生きていると思う。でも、わたしは、誰の真似でもない"わたし"を確立したい。それが、本当のわたしだし、それはそれは、真の強い人間だろう。そのあとで、誰かに真似されることは構わない。寧ろ影響を与えていたい。ただ、尖端の果てしなく先端で居たい。

今までわたしを創りあげてきた好きなモノたちをベースとして、今度はわたしがわたしを創りあげていく番だろう。誰かの真似ではないわたしを。

 

このことに気づいてしまった20歳駆け出し、まだまだ死ねないのでは無いだろうか。誰かの真似で終わるのなんて、絶対に嫌だ。

どうやって自分を創りあげるか、見当もつかないですが、努力が必要なことはわかるなあ。20歳、アホみたいな事しか言えないな。でもまっさらなんだから仕方ないなと思う。早く"わたし"に会いたいな、わたしが会いに行くしかないのだけれど。

いったいわたしはどこに居ますか。何処へ往きますか。海は遠いですか。朽ちては果てぬ、この命。