女子大生の脳内垂れ流しブログ

海は遠いのか

感情の大トロ

きみはきみにしかやれないんだよ

主義と主義が互いに混ざらず依存し合うことも無く、個々の主義があると認め合い、ただただ同じ方向に進んでゆくのが本望なのだけれど、ほんとうにそれは実現しうることなのだろうか。音楽ではそういう経験をしたことがあるが、恋愛となると難しい。相手のことが好きだという感情は時に自分の主義をひん曲げてしまう。主義が主義に依存していき、次第にそれは拡張され、身も心も相手に依存していく様を何回も経験してきた。二度と同じ思いをしないよう、わたしはわたしが護ると決めた。仮に新しく恋愛関係ができたとして、主義が対立してしまったとき、相手の主義を認めつつ、それでもわたしはわたしの主義を貫く覚悟が出来ている。その結果、「結局自分のことが可愛いんだね」と言われる未来ですら見えている。(相手すら居ないのにい〜)自分の主義と相手の主義があったとして、全て同じなわけがないから、どこかで対立が起こる。もし相手の主義をどうしても認められないのならバイバイだけど、理想は、お互い主義を認めあった上で自分の主義を護る自分のことを愛したいし愛してほしいよ。わがままかもしれない、けど幸せを追求するってこういうことじゃないのかな。これ理想が高いのうちに入りますか?まあ入るんだろうな、だってこれ難しいもんね〜〜〜そうだよねこんな経験ホイホイ出来るわけないよねえ。だから手頃なひとと付き合っていくんだろうな。いつか誰かと交わることなく同じ方向に歩いて行けたらと思いますが、こういうアナルガバ男は滅多に現れないとみているのでしばらくは結婚どころか交際もできないししないだろうな〜